長年悩むニキビ体質が最近気づいたスキンケア法

私は小学3年性頃から顔にポツポツとニキビができ始めました。小学生の頃はそこまでひどくなかったので気にしてませんでしたが、部活を始めた中学2年性から頬に炎症を起こした赤いニキビができて未だにそのニキビ後が陥没状態で残っています。

20歳を過ぎて肌にニキビ一つできないくらいキレイになった時もあれば顔中ニキビだらけになったりと、仕事のストレスや生活環境の変化によって私はニキビができたり治ったりすることに気づきました。

http://www.arswr2018.org/

とりあえず’’ニキビに効く’’とか’’ニキビが治る’’と書いてあるスキンケアは片っ端から試しました。皮膚科にももちろん頼って20代半ば頃からはニキビは薬で治し、スキンケアは肌に刺激が少ないやさしいものを使うようになりました。

ニキビが顔にできていると本当に人にも会いたくないし、鏡すら見たくなくて化粧もしたくない。20代後半くらいになって生理前にニキビがひどくなる傾向がわかってきて私はいつまでニキビに悩まされなきゃいけないんだと心から悩んでいます。ニキビに悩まないつるんとした肌がうらやましくてたまりません!これから30代過ぎていくとニキビも治りが遅くなりきちんとしたケアをしないとシミになってしまうと考えると本当に1つでもニキビを作りたくない!と思います。

そんな思いをしている時に、コロナウィルスの影響で家から出ることができず、試しに化粧を辞め、朝は水のみで洗顔、夜は洗顔料を使っての洗顔とそのあとのシンプルな保湿のみという方法に変えて現在約3ヶ月。始めの方は肌のザラザラ感が気になりましたが、ニキビができることが少し前より断然減ったように感じます。旦那も私のニキビの減り具合に気づいたくらいです。

以前ネットニュースやテレビでも見ましたが「肌断食」ってやっぱり良いのかも!と思いました。肌を甘やかさず肌が持つ自然治癒力を蘇らせる!ってことが少しわかったように感じます。まだまだ「ニキビ完全撲滅」ではないのでニキビとの戦いは続きそうです。

毛穴の開きをどうにかしたい!

35歳になり、最近ますます毛穴が気になるようになりました。モイスポイントの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

特に気になるのは毛穴の白いぷつぷつがすごく気になるようになってきました。

やってはいけないと思いつつ、ピンセットや毛抜きで押し出してしまうこともしばしば…

だんだんとメイクでは隠せず、よれてしまったときなどは逆に毛穴に落ちてしまい、もっと毛穴が気になるようになりました。

そんな中、ネットやYouTubeで色々調べて、よかったものを書いておこうと思います。

クリームタイプのメイク落としで拭き取ったあと、一度洗顔し、

パックをして10分ほど置きます。

これで肌を柔らかくすることで肌の汚れがまた出てくるそうです。

そしてそのあとまたクリームタイプのメイク落としでマッサージしながら落とします。

これで肌がだいぶスッキリする感じがしました。

一週間に一度くらいですが、こちらをしたあとは化粧水などの吸い込みが違う気がします!

毛穴も少し目立たなくなり、化粧ののりもよくなりました。

あと勝手にやっていることなのですが、

肌に負担がないくらいで手拭いなどで顔を擦ると、肌のガサガサが回復して毛穴のざらざらも軽減します。

日々研究の毎日ですが、

毛穴撲滅のために色々試していきます!

次回は馬油のソンバーユマッサージを試す予定です。

お肌の汚れを泥できれいに?

みなさん、泥パックをご存知ですか? フェイシャルエステの広告などで、よく目にしますよね。「泥を顔に塗るの?」「泥でお肌がきれいになるの?」と、びっくりしますよね。

モイスポイントの効果を暴露!話題の人気アイクリームを使った私の口コミ!

エステは、ちょっと、お高いから……、時間がないし予約も通うのも面倒、近くにない、など、いろいろな理由で、なかなか受けにくい方も多いと思います。でも、ご安心を。ご自宅でも、手軽に、泥パックができるんですよ。しかも、かなり、お安くできるのです。

さて、泥でどうしてお肌がきれいになるのでしょう。それは、泥の細かい粒子が、お肌の汚れや皮脂を吸着するからです。昔から世界中で行われている美容法なのです。市販されている泥には、さまざまな種類があります。まず、インドの昔から行われている健康法、美容法であるアーユルヴェーダでも使われる「ガスール」という泥。

チョコレート色で、見た目は、まるで板チョコのよう。砕いて、水に溶いて使います。日本では、沖縄県の「くちゃ」。海底の泥、シルトです。そして新潟県などで採れる「モンモリロナイト」。どれも、水で溶いて使うことは同じです。手作り化粧品として、水だけでなく、いろいろ混ぜて楽しむこともできます。泥パック、まずは少量から試してみては、いかがでしょう。