【くせ毛の方必見】お風呂上がりのヘアケア方法を解説

「くせ毛を直したい」

「せっかくセットしたのに、雨で台無し」

「くせ毛は一生なおらないのかな…」

ノ・アルフレが最安値で購入できる通販は?私の本音口コミを暴露します!

本日はこういった疑問に答えます。

✔︎本記事の内容

・くせ毛になる原因とは

・くせ毛のヘアケア方法

この記事を書いている僕は、くせ毛で22年間悩み続けました。

アイロン、くせ毛に効くシャンプー、縮毛矯正など数々のくせ毛対策を施してきました。

ですが、結果的に改善することはできませんでした。

先にネタバレをすると、くせ毛は遺伝であり、完全に直すことは不可能です。

ですが、広がる髪を抑えることは可能ですので、今回は「くせ毛の方向け」に記事を書いていきますね。

✔︎くせ毛になる原因とは

次の3つです。

・その①:遺伝

・その②:生活習慣

・その③:ホルモンバランスの変化

順番に解説していきます。

その①:遺伝

遺伝によるものがほとんどですね。

実際、僕の親もくせ毛でして、しょうがないのかなと若干あきらめてもいました。

研究でも、両親がくせ毛の場合、生まれてくる子どもは90%の確率でくせ毛です。

もし母親が直毛だとしても、70%の確率でくせ毛になると言われています。

以上より、遺伝の要素が大きいかなと思います。

その②:生活習慣

生活習慣も欠かせません。

髪も身体と同じように、水分が必要です。

水を飲まないと死んでしまうのと同じく、髪にも水分補給をさせる必要があります。

なので、最低でも1日1ℓ以上の水を飲むようにしましょう。

その③:ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスも関係しています。

赤ちゃんの時は直毛だったのに、大人になってくせ毛になった人も多いはず。

これらはホルモンバランスが関係しており、どうしようもできません。

上記は、わりと勝手に引き起こるものばかりです。

次の頁より、くせ毛の僕が実践してきた方法を解説していこうと思います。

✔︎くせ毛のヘアケア方法

手順は、次の3つです。

・手順①:入念なタオルドライ

・手順②:ヘアトリートメントを使う

・手順③:伸ばしながらドライヤーをする

順番に見ていきます。

手順①:入念なタオルドライ

1番重要といっても過言ではありません。

なぜなら、髪の毛が濡れすぎてる状態でドライヤーをすると、頭皮の乾燥につながるから。

ポイントは、髪の毛を抑えるように優しく包み込むように拭くことです。

念入りにタオルドライしましょう。

手順②:ヘアトリートメントを使う

ドライヤーを使う前に、ヘアトリートメントをつけましょう。

というのも、ドライヤーは高温なので、何もつけない状態で温風を当てると、ヘアダメージを受けます。

髪の毛を熱から守り、かつサラサラな仕上がりにもしてくれます。

なので、ドライヤー前には、1プッシュほどつけるようにしましょう。

手順③:伸ばしながらドライヤーをする

ドライヤーを使う際は、髪の毛を伸ばしながら乾かしましょう。

伸ばしながら乾かすことで、縮まってている毛を伸ばせるから。

クシでとかしながらでも大丈夫です。

なるべく真っ直ぐになるよう、丁寧にドライヤーをしましょう。

以上が僕の実践してきたヘアケアの方法になります。

くせ毛は遺伝的な要素が大きいですが、努力次第では抑えることも可能です。

あきらめずに実践してみてください。