たるみ毛穴、加齢との戦い

毛穴に並んだことは最近までなかった。角質がごっそり取れると噂のパックも、ポロポロ取れるというジェルも冷やかし程度に買って使ってはいたが真剣にケアについて考えることもなかった。そもそも毛穴なんて誰にもあるものなんだし、それが目立つとか気にするとかよくわからないと思っていた。33になるまでは。アスハダ

33の誕生日を境にしたくらいに毛穴の広がりが目立ち始めた。しずくのような形で鼻の周りに広がっている。ピーリングコスメというものを使ったり器具の購入も検討したが、いろいろ調べた結果それら全てが悪影響だということに気づいた。結局元のサイズに戻すのは難しいらしく深い絶望を感じた。

しかし一方で角質というのはある程度存在しないと菌が毛穴に侵入し炎症を起こすということを学んだ。世の中にあるものは皆意味のあるものなのだ。と何故か感慨にふけった。それからは、あまり気にしなくなった。ある程度コンシーラーや下地で隠す技を覚えたのもあるが、ある程度自然のままに任せたほうがストレスフリーで肌にも良いのではないかと思ったのだ。今は特に悪化する兆候は見られない。ビタミンC誘導体画入った美容液がオススメだというのでそのアイテムで少し肌の改善が見られればと思っている。