子供の口臭の原因について考える

今日は子供の口臭の原因と対処法について考えてみようと思います。

子供の口臭の原因として、まずは「歯磨きがしっかりできていない」という可能性があります。

本人はしっかり磨いたつもりでも、実はあまり綺麗に磨けておらず、歯肉炎などが発生している可能性が考えられます。

歯肉炎は歯垢(プラーク)が原因で発生します。歯磨きをしっかり行うことで歯垢を落とせば防ぐことができます。

小学校3~4年生くらいまでは子供が歯磨きをした後に親が口の中をチェックし、仕上げ磨きを行う習慣をつくったほうが賢明かと思います。

子供は歯磨きの際、嫌がったり暴れたりして困らせてくることもありますが、そこは子供の歯の将来のことを考えて、諦めずにとことんまで付き合って

欲しいと思います。

アリートの最安値通販や購入して使用した

もう一つの口臭の原因としては「唾液の量が少ない」ということが考えられます。

唾液の量が少なくなると口の中の細菌が活発になり虫歯の原因になります。

対策としては食事の際、食べ物をよく噛むことです。ものを噛むことで唾液は分泌されます。

1口に20回噛むことを目標にしましょう。

よく噛まないと消化不良にもつながり、胃腸に負担がかかります。

また、こまめに水分をとることも大切です。水分をしっかりとることで唾液の分泌を促す効果が期待できます。