目の周りのしわやたるみのケアは大変

私は、もうすぐ50歳になります。ライスビギンの効果

アラフィフにもなると、しわやたるみなど、いろいろな肌悩みが発生してきます。

一番顔の中で、加齢を感じさせてしまうパーツは、目の周りです。

目の下のたるみや、小じわがあると、すごく老けて見られてしまいます。

私は、猫の顔みたいな、猫の口元がプリントされたマスクをはめるので、猫顔が似合うようになるためには、若々しさが大事です。

それで、目の周りのケアには、かなり神経質になって取り組んでいます。

家庭用脱毛器に、フォトフェイシャル機能がついていて、皮膚のコラーゲンの生成を促してくれるので、顔のたるみやしわにも効果を発揮してくれます。

それで、顔にはもう脱毛しないといけないような無駄毛がなくても、顔のたるみやしわの予防のために、週に5回は家庭用脱毛器のフォトフェイシャルの光を当てています。

目の周りをクレンジングするときには、ウォータープルーフのマスカラを何度も重ね塗りしているので、強いクレンジングでしか落とせません。

でも、クレンジングオイルなどは、皮膚への刺激が強い場合があるので、皮膚の薄い目の周りで使用し続けていくと、目の周りのたるみや小じわの原因となってしまいます。

それで、コスパが高いけど、目の周りだけは、美容成分が配合されているクレンジングバームを使用しています。

このように、加齢に伴い肌悩みは増えていくので、スキンケアも神経質なぐらいに気を付ける必要があるのでした。